SNS

LOGIN INFO




Bodyline NV350パーツ代理店

リンク

ボディーライン代理店

ボディーラインfacebook

我堂

ソーラーインパクト

TOP / 全ての商品 / 商品カテゴリー:エアフィルター / ガソリンエンジン(玄武/ハイパーフローフィルター)

商品名 ガソリンエンジン(玄武/ハイパーフローフィルター)

ガソリンエンジン(玄武/ハイパーフローフィルター) 吸気理論に基づき設計した、高性能スポーツフィルター!NV350のガソリンエンジンを活性化するためには、基本に忠実な吸排気チューニングが効果的です。近頃ではチューニングの定番となったスポーツフィルターへの交換ですが、実は間違った知識によるものも少なくありません。自然吸気エンジンのフィルターに求められる性能とは、吸塵能力と適度な吸入抵抗です。吸塵能力が必要なことは一般的に認知されていますが、吸入抵抗が重要であることはあまり知られていません。吸気管内ではスロットルが開いた状態でも、吸気バルブの開閉によって空気の脈動が発生しています。カムプロフィール(作用角)※が変化しない限り、回転数の上昇に比例してバルブの閉じている時間が増すため、シリンダー内に吸引されなかった混合気がバルブの直前に溜まり、それが圧力となって逆流する現象が起こります。吸入抵抗の少ないフィルターを装着した場合、吸気管内と外気での圧力差が生じないために脈動を抑えることができず、逆流した圧力が壁となって充填効率を低下させてしまいます。同様の状況が、スロットルバルブ付近でも発生します。吸入抵抗減少=吸気効率向上という、過給機付きエンジンに対して有効な論理を前提に設計された低抵抗タイプのフィルターでは、サクション内に十分な負圧を発生させることが難しく、スロットル変化に対して吸入量が激しく変動します。その結果、吸気に一定の流速を維持させることが困難となり、広い回転域でレスポンスの悪化を招きます。“ハイパーフローフィルター”は、充填効率の向上を最優先に考えて開発した純正交換タイプの乾式エアフィルターです。特殊積層構造の繊維フィルターを採用することで、チューニング理論に基づく最適な吸入抵抗を維持しつつ、吸入面積を限界まで拡大し、高回転・高負荷時でも十分な空気吸入量を確保しました。また、運転席ピラー部分の吸気ダクトを「スムージングパネル」で塞ぎ代わりにフィルターケースカバー側面に複数のスリットを新設。吸気レイアウトを大胆に変更することで、それに伴う吸気効率の大幅な向上を試みました。狙いはズバリ的中し、官能的な吸気サウンドとともに驚くほどのパワーとレスポンスを生み出すことに成功しました。“ハイパーフローフィルター”シリーズ最高傑作を是非体感してみてください。 423

ガソリンエンジン(玄武/ハイパーフローフィルター)_423 ガソリンエンジン(玄武/ハイパーフローフィルター)_424 ガソリンエンジン(玄武/ハイパーフローフィルター)_425 ガソリンエンジン(玄武/ハイパーフローフィルター)_426 ガソリンエンジン(玄武/ハイパーフローフィルター)_427 ガソリンエンジン(玄武/ハイパーフローフィルター)_428 ガソリンエンジン(玄武/ハイパーフローフィルター)_429 ガソリンエンジン(玄武/ハイパーフローフィルター)_430 ガソリンエンジン(玄武/ハイパーフローフィルター)_431
この商品を

※備考

こちらの商品は 送料区分 A-1 です。

送料区分の確認はこちらです。

商品名:ガソリンエンジン(玄武/ハイパーフローフィルター)

数量: セット

¥ 27,000 (税抜)

商品のオプションを選択

前期モデルボディカラー

 

ガソリンエンジン(玄武/ハイパーフローフィルター) に関する特定商取引表記

商品コメント
この商品を


吸気理論に基づき設計した、高性能スポーツフィルター!

NV350のガソリンエンジンを活性化するためには、基本に忠実な吸排気チューニングが効果的です。近頃ではチューニングの定番となったスポーツフィルターへの交換ですが、実は間違った知識によるものも少なくありません。自然吸気エンジンのフィルターに求められる性能とは、吸塵能力と適度な吸入抵抗です。吸塵能力が必要なことは一般的に認知されていますが、吸入抵抗が重要であることはあまり知られていません。吸気管内ではスロットルが開いた状態でも、吸気バルブの開閉によって空気の脈動が発生しています。カムプロフィール(作用角)※が変化しない限り、回転数の上昇に比例してバルブの閉じている時間が増すため、シリンダー内に吸引されなかった混合気がバルブの直前に溜まり、それが圧力となって逆流する現象が起こります。吸入抵抗の少ないフィルターを装着した場合、吸気管内と外気での圧力差が生じないために脈動を抑えることができず、逆流した圧力が壁となって充填効率を低下させてしまいます。同様の状況が、スロットルバルブ付近でも発生します。吸入抵抗減少=吸気効率向上という、過給機付きエンジンに対して有効な論理を前提に設計された低抵抗タイプのフィルターでは、サクション内に十分な負圧を発生させることが難しく、スロットル変化に対して吸入量が激しく変動します。その結果、吸気に一定の流速を維持させることが困難となり、広い回転域でレスポンスの悪化を招きます。 “ハイパーフローフィルター”は、充填効率の向上を最優先に考えて開発した純正交換タイプの乾式エアフィルターです。特殊積層構造の繊維フィルターを採用することで、チューニング理論に基づく最適な吸入抵抗を維持しつつ、吸入面積を限界まで拡大し、高回転・高負荷時でも十分な空気吸入量を確保しました。また、運転席ピラー部分の吸気ダクトを「スムージングパネル」で塞ぎ代わりにフィルターケースカバー側面に複数のスリットを新設。吸気レイアウトを大胆に変更することで、それに伴う吸気効率の大幅な向上を試みました。狙いはズバリ的中し、官能的な吸気サウンドとともに驚くほどのパワーとレスポンスを生み出すことに成功しました。“ハイパーフローフィルター”シリーズ最高傑作を是非体感してみてください。

ニュースカテゴリー

Copyright© http://bodyline-inc.com All Rights Reserved.

〒580-0026 大阪府松原市天美我堂1-63
電話:072-368-5021 FAX:072-368-5031